Instructor


【 MASAMI 】

LOTUS studio 主催

20代後半でスノーボード中の事故により骨盤を骨折し重体となる。一命を取り留め、寝たきりの病院生活から回復後のリハビリとして2004年ヨガに出会う。

怪我により障害を伴った身体を動かし、体と心をつなぎ合わせていく日々。呼吸とともに穏やかに変化していく心身を実感し、体の内側を感じること、自身を受け入れ対話することを重点にアーサナからのヨガからヨーガ哲学を探求。

動く瞑想と言われるアシュタンガヨガのプラクティスを行いながらも、その後、中医学をベースにした陰陽五行思想の陰ヨガを発信していく。

現在は、アーサナ(ポーズ)・プラーナヤーマ(呼吸法)・ムドラー(印相)を大切にしている三位一体のヨガ、TriYogaを学び、実践している。Tri Yogaで大切にしている特徴の一つは、”エコノミーオブモーション” ”無駄のない最低限の動き”でFlowを行うところにあります。日々の暮らしの中で、シンプルに生きることの心地よさをYogaを通して学んでいる。

Aroma Relaxation Ly-sオーナーとしてアロマセラピーの活動中。


【Lesson内容】TriYoga・陰ヨガ・アシュタンガヨガ・アロマリラックス




【 Saya 】

ヨガインストラクターとなり今年で23年、日本フィットネスヨーガ協会(東京都目黒区)にて一般クラス及びインストラクター養成クラスを担当していた。

8年前、結婚を機に大分へ移住。

その頃から幼児体育などキッズプログラムに注目し学習、研究を現在も続行。

特に注目しているのがビリボプログラム! 現在、大分ではロータスでのみクラスが受けられます。全国的にも指導者が少ない、最新のプログラムです。 

身体の土台である足裏や足指を正しく使う事で姿勢を整えたり、バランス良く筋肉を使う事で子供の成長に重要な神経やホルモンバランスを整える効果が得られます。


【Lesson内容】骨盤調整ヨガ・biliboキッズヨガ・お作法教室(着付け・お抹茶)



【 Akiko 】

2005年、ヨガと出会う。

大学卒業後に心療内科・精神科病院に勤務。12年間心理士として生きづらさを感じている方々に寄り添ったサポートをする。

2014年、前職の経験を経て、YOGAROOMココロ音を立ち上げる。

現在、プライベートレッスンの他、寺ヨガを中心に活動中。


【Lesson内容】マタニティヨガ

***只今育休中***



【 Chie.K 】

東京出身。

武蔵野美術大学在学中よりヨガを始める。

ヨガ以外にクラッシックバレエ、ボディパフォーマンス等の身体表現、ヒーリング、ボディーワークなど様々なシークエンスを学ぶ。

2010’人生の転機を迎え国東半島に移住。

恩師に出会いヨガと共に生きる道へ導かれ、インドと九州でヨガの叡智を学び深める。


【Lesson内容】Manayoga(月1回)



【 Chie.A 】

2013年、ヨガに出逢う。

身体の調整が進むと共に、精神的な負担が軽減し安定してゆくことを識る。

2016年、夫の転勤に伴い大分へ。プライベートでもレッスンを開始。

クラスでは、静まりと動きの流れの中、呼吸を観、

シンプルな本来の自身を取り戻してもらうべく、活動中。


【Lesson内容】ハタヨガ




【 Yoshimichi 】

平成25年、知人に誘われてYogicArtsのワークショップに参加。ヨギックアーツ創始者のDuncan Wongに出会う。

その後、ヨガを始める。

平成28年、誘われてYogicArtsのワークショップに再び参加、Duncan Wongに3年ぶりに会う。

氏のある一言により心を動かされ、ヨギックアーツを学ぶこと決める。

同年、YogicArts TTmodule1修了。


【Lesson内容】ヨギックアーツ・ハタヨガ

(Akiko先生のご子息&Yoshimichi住職)


【 Shige 】

2011年別府にUターン。体調改善の為ヨーガを習い始める。

2013年タイ旅行中にアシュタンガヨーガに出会い、魅了される。

2015年渡印。南インドマイソール、KPJAYIにてSHARATH JOIS師より指導を受ける。

帰国後も毎日の個人練習と定期的な正式指導者の元で練習を継続。カフェ店主として働く傍ら、練習に励む。


【Lesson内容】アシュタンガヨガ(毎週木曜8:30-)マイソールスタイル